パレスチナ交渉担当決まる 2013.2.21

難航している連立交渉だが、20日、中道右派のハツナ党(実質ツィッピー・リブニ氏を支援する党)の連立入りが確定したとの発表があった。ハツナ党の獲得議席は6席。まずは無難なところからの交渉成立というところ。

しかし、この党に割り当てられた役割は、6議席に不釣り合いなほどに大きい。党首のツィッピー・リブニ氏(女性)は法務大臣と、パレスチナとの交渉チームのリーダーを兼務する。

今後は、ネタニヤフ首相の監督の元、リブニ氏が直接交渉のチームを率いてパレスチナ側との交渉をすすめる。(ただし、リブニ氏がその場で何かを決めてしまうことはなく、合意事項は持ち帰って首相と相談になる)

<パレスチナ側は歓迎>

ツッピー・リブニ氏は、外務大臣などを歴任、前回の総選挙ではカディマ党を率いて最大議席を獲得している。この時、女性首相再来かともいわれたが、期限内に連立政権を発足させることができなかったため、現ネタニヤフ首相に首相の座を明け渡したという経過がある。

女性でハト派とも目されているリブニ氏は、外務大臣時代には、イスラエルの外務相にはめずらしく、穏健派アラブ諸国にも好評を得ていた。

今回、リブニ氏が交渉担当になるということについて、パレスチナ側は「リブニ氏は以前にも交渉チームにいたことがある。こちらの要求をよく理解している。」と歓迎する意向を表明した。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*