ハマス:休戦宣言しながら攻撃 2014.7.28

イスラエルは26日夜、12時間の休戦の後4時間、さらに24時間延長すると宣言。トンネルの捜索は続けながらも空爆を停止した。

ハマスは最初の12時間は休戦の約束を守ったものの、イスラエルの休戦宣言には応じず、26日夜8時かっきりに、イスラエルへのロケット攻撃を再開した。

その後ハマスが朝までにイスラエルへ撃ち込んだロケット弾、ミサイルは25発。一発は南部の家屋を直撃し、女性が1人負傷した。これを受けて、イスラエルは,27日午前10時に休戦を停止するとして、ガザへの空爆、ならびに、トンネルの破壊を再開した。

<自分で宣言した休戦を守らないハマス>

ところが27日正午ごろ、ハマスは、「午後2時から休戦に入る。」と独自宣言。しかし、その後まもなく、イスラエル南部へロケット弾を発射した。その後も散発的にロケット攻撃が続き、夜までに60発が撃ち込まれた。迎撃ミサイルの活躍で、被害はなし。

ところで、ラマダンは今日28日で終了となっている。

<トンネル:イスラエル領内へ600mも>

イスラエルの地上軍は、空軍を協力しながらトンネルの摘発と破壊をすすめている。一つのトンネルはイスラエル領内へ600メートルも掘り進んでおり、もし破壊していなかったら、兵士や市民の誘拐、大量虐殺など、大惨事になるところだったと高い評価を受けている。

トンネルには、多くの武器も隠されており、それらも着々と押収されている。しかし、26日に負傷した兵士(27)が死亡し、戦死者は43人となった。

<西岸地区では、大規模テロが未然に阻止>

27日、ベツレヘムとエルサレムの間にある入植地ベイタルの検問所で、不振な車両が発見された。車内を検査すると、大きなガスボンベとともに多数の爆発物、発火装置などが発見された。

イスラエル領内でテロを行う計画だったようだが、未然に防がれた。車に乗っていたパレスチナ人は逮捕された。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

1 comments

どうしても伝えたくて!こうして書きます。
彼氏に騙されて多額の借金があったんです。
でも、衝撃的なものを知りました。
お金がほしいと伝えたら、すぐに振り込んでくれたんです。
すぐにお金持ちになれる方法あります。
冷やかしじゃない人だけにすごいことを教えます。
emi_himitu@yahoo.co.jpまでメールしてもらえたらその方法を教えます。
すぐに返事出しますね。

コメントを残す

*