ハヌカ6日目 2012.12.14

イスラエルの周囲が日々きなくさくなってくるが、エルサレムではイスラエルの神の奇跡に思いをはせるハヌカの祭りの真っ最中である。

エルサレム旧市街のユダヤ人家庭では、日暮れ直前に親子がが玄関先に出てハヌキヤとよばれる9本のろうそくにあかりをともす。光の祭りと呼ばれるにふさわしい美しい光景で、夜もツアー客でごったがえしている。

カフェやレストランは満員。甘いスフガニヤを選ぶ親子連れでにぎわっている。(写真は、旧市街の親子、クレーンで明かりをともす新市街、スフガニヤを選ぶ子供たち)

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*