憎しみのウイルス:コロナ危機で広がる反ユダヤ主義に警鐘 2020.5.13

出展:Ministry of Strategic Affairs 資料 During the week of April 16-23, under the hashtag #covid48, dozens of caricatures and illustrations were published along with the tagline, “Zionism is more dangerous than Corona.” The image above equates Israel with the coronavirus. https://bit.ly/3aHlF8y

世界では疫病になると、反ユダヤ主義が悪化するという歴史をたどってきた。12日、イスラエルの対外対策相が、「憎しみのウイルス」と題したコロナ危機をめぐる反ユダヤ主義の動向を発表した。

近年、従来の極右を中心とする反ユダヤ主義と並行して、新たに、極左、パレスチナ勢力、イランが関係する反イスラエル主義が懸念されるている。いずれの場合も、ユダヤ人が、経済的利益のために、戦略的にコロナウイルスで世界を恐怖に陥れてコントロールしていると主張しており、風刺画をとともに、SNSなどで拡散されている。

また、ズームボンビングとよばれ、ユダヤ人やイスラエルのズームカンファレンスに、反ユダヤ主義的な妨害をするなども報告されている。

1)従来からの反ユダヤ主義

欧米諸国の極右が関与して広がっているタイプで、ユダヤ人がコロナウイルスを拡散させているというデマ。

2)新しい反イスラエル主義

特にイラン、パレスチナ自治政府、BDSムーブメントが関与しているもので、ユダヤ人/イスラエルとコロナウイルスを同じものと訴え、世界の政治や経済の益のために、ウイルスをまきちらしていると主張する。

パレスチナ自治政府ノモハンマド・シャタイヤ首相は、イスラエルが、国内のパレスチナ人労働者が西岸地区に戻った際に、意図的にウイルスを拡散させたと主張した。

最近では、イスラエルがウイルスに汚染された医療機器を埋め込んで、下水を汚染させ、自治区内の飲み水や井戸が汚染するようにしたとも言っている。

イランは、国際社会向けのニュースで、イスラエルが、世界に拡散するコロナ危機の原因をつくっていると発信している。

特に懸念されている点は、極左やBDSは、これまでイスラエルを政治的に非難していたが、今は、極右と同じような従来の悪魔化や、憎しみの表現になっている点である。

The Virus of Hate – Delegitimization and Antisemitism Converge Around the Coronavirus_compressed.pdf

ユダヤ人やイスラエルを新型コロナを拡散させているというが、実際には、これまでのところ、ユダヤ人自身が最も大きな被害を受けているというのが現状である。

しかし、集団で過ごすことの多い独特の社会生活様式や、科学的な感染防止の情報が伝わりにくい超正統派の間で感染が拡大したことにより、ユダヤ人社会が、突出して見えているかもしれない点も懸念される。

<世界のユダヤ人コロナウイルスによる犠牲者の状況>

世界の感染者は5月13日で、昨日より約17万人増えて435万4559人、死者は、586人増えて30万人に近づきつつある。欧米で落ち着き始めている中、ロシアでの感染拡大が悪化している。

これまでのユダヤ人の犠牲者の状況は以下の通りである。

www.timesofisrael.com/from-new-york-to-milan-how-coronavirus-is-hitting-jewish-communities-worldwide/

1)アメリカ

アメリカの感染者は、5月13日時点で、137万3172人、死者は8万2161人。このうち、被害が最も多いニューヨーク州では、その約4分の1にあたる34万3705人が感染、死者は、全体の3分の1にあたる2万7284人となっている。(ニューヨークタイムス)

4月中旬のデータではあるが、この時点でわかっているだけだが、ニューヨーク市(ユダヤ人120万人)だけで、ユダヤ人の死者は700人と報告されている(ハシディック・メディア)。

ブルックリンのユダヤ人埋葬業者によると、プリムから過越まで(3月中旬から4月中旬)だけで、500人を埋葬したとのこと。通常の4倍にあたる。ニューヨークのロングアイランドにあるユダヤ人高齢者ホームでは、179人が感染し、57人が死亡した。一つの居住地だけで39人が死亡したところもある。

この他、ニュージャージーでは、最大のユダヤ人居住地、バーゲン・カントリーで1200人が死亡した。

ユダヤ人たちは、ソーシャルディスタンスで、死にゆく人々への祈りもできず、埋葬はもとより、シバとよばれる7日間もズームで行われたという。この他、結婚式など、すべての社会生活が、律法通りにすることができなくなった。以下のニューヨークタイムスのビデオから当時の様子がわかる。

www.nytimes.com/video/us/100000007061978/coronavirus-ultra-orthodox-jewish-traditions.html

2)フランス

フランスのユダヤ人埋葬業者によると、フランスでは、少なくとも1300人のユダヤ人が、新型コロナで死亡した。しかし、これは、ユダヤ教式の埋葬をしてもらえた場合のみの数字で、実際にはもっと多いとみられる。著名なラビも2人死亡した。

フランス在住のユダヤ人は、約50万人で、総人口の0.75%だが、新型コロナによる死亡者の総数2万7000人の5%がユダヤ人であった。

フランスでユダヤ人に犠牲者が多かった理由の一つとして、ユダヤ人の多くが医師や医療関係者であったことが挙げられている。また、コシェルの肉屋の半数が感染したことや、3月初頭のプリムでも感染が拡大したとみられている。

www.timesofisrael.com/emerging-from-lockdown-french-jews-take-stock-of-their-enormous-losses/

3)イギリス

イギリスでは、366人のユダヤ人が死亡した。こちらも、ユダヤ人人口は、イギリス総人口の0.3%であるにもかかわらず、新型コロナの死者のうちの1.7%がユダヤ人であった。

この他、イタリアでは数十人、オランダでは26人、モロッコでは、少なくとも15人死亡し、モロッコ在住ユダヤ人の約1%死亡した。アルゼンチンでは、死亡は10人だが、国全体での死者が260人なので、倍率としては高いと言える。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。