ケリー国務長官、シリア難民に面会 2013.7.19

ケリー国務長官は、ヨルダンを訪問中に、シリア難民代表5人と会談の時を持った。ヨルダンに逃れたシリア難民の数は約60万人。ヨルダン第4の町のサイズになってしまった。今も難民は流入し続けている。

難民たちは、「直ちに飛行禁止区域を設定してシリア軍が空爆できないようにしてほしい」と訴えた。またなぜ国際社会やアメリカは何もしないのかとの怒りをぶつけた。ケリー氏はシリアの悲惨さは心得ていると伝えた。

なお、アメリカは世界で最もシリア難民救済のためにお金を出している国である。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*