エルサレム、光の祭典 2013.6.7

ゴラン高原が緊迫しているが、まだ被害が出ていないこともあり、エルサレムではそういう事とは全く無関係なほどに、平和である。今年も恒例の旧市街の光の祭典が昨日から始まり、夜中まで大勢の人でにぎわった。

記者も夜中1時に1人で帰宅したが、まったく危険は感じない。前に魅力的な若い女性1人で歩いている。現時点で、エルサレムはいたって安全である。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*