イランの核施設近くでM6.3の地震 2013.4.10

イランの原子力発電所のあるブシャーラから90キロの地域で、9日17時ごろ(現地時間)、マグニチュード6.3の地震が発生した。この地震で、これまでに死者30人、負傷者800人以上と報告されている。

BBCによると、家屋700軒が全半壊。200家族が被災しているという。現在も救出活動が行われており、まだ犠牲者は増えるとみられる。イラン政府は、原子力発電所に被害はなく、通常に稼働していると伝えた。

イランでは2003年にもバムで大きな地震があり、25000人が死亡している。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*