イタリア・ミラノからイスラエル人330人救出・帰国 2020.3.26

出展:Times of Israel スクリーンキャプチャ チャンネル13

イタリア北部では、医療崩壊が発生し、1日に683人が死亡。死者の合計は7503人と、悲惨な状況が続く。発症してもそのまま自宅で放置されて死亡するケース。人工呼吸器を若い患者に譲って死亡したカトリック神父など、想像を絶する状態が続いている。

そのイタリアから出られなくなっているイスラエル人330人が、政府が派遣した旅客機(イスラエルエアー)で23日、帰国した。330人は、主に若い学生とのこと。全員マスクを着用してベングリオン空港に到着。そのまま2週間の隔離にはいる。

イスラエル外務省は先週、ペルーから、エルアル機4機を使って、立ち往生のイスラエル人1000人を救出した。

世界には今も約1万人のイスラエル人が立ち往生に陥っている。外務省は全員を救出・帰国させるとして、エルアル、アキアなどと計画を進めている。今後救出作戦が行われる予定の国は、オーストラリア、コスタリカ、インド、クロアチア、まだイタリア、アルゼンチン、ブラジルとなっている。

イスラエル人は日本にもいるが、今の所、こうした動きはない。

www.timesofisrael.com/330-israelis-flee-milan-on-rescue-flight-amid-devastating-virus-outbreak/

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。