イスラエル軍ガザ空爆でパレスチナ人3人死亡 2012.10.14

先週、イスラエル軍が、ガザで仮庵の祭り中のテロを計画していたとみられる国際ジハーディスト(聖戦主義者)1人を空爆で殺害したが、その後ガザ地区からイスラエル南部へのロケット攻撃と、それに対するイスラエル軍の報復が続いている。

金曜夜には、イスラエル南部の町ネティボットで安息日の食事をしていた民家の裏庭にグラッドミサイルが直撃。幸い、人的被害はなかったが、イスラエル軍は土曜、ガザへのの空爆を実施。ジハーディスト2名が死亡した。日曜朝にもガザへの攻撃が行われ、アルカイダ系とみられるテロリスト1人が死亡した。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *