イスラエル空軍シリア領内軍施設9カ所を空爆 2014.6.23 

日曜にゴラン高原において、シリア領内からの攻撃で13才の少年が犠牲になったことを受けて、イスラエル空軍は23日、午前0時過ぎ、シリア領内のシリア軍関係施設9カ所へ、空爆を行った。

空爆後、シリアの反政府勢力が、数カ所の攻撃を確認したと伝えている。シリア政府によると、この空爆で1人が死亡したもよう。空爆したイスラエルの戦闘機は全機無事帰還している。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *