イスラエル全国でのきなみ40度・ヨルダンでは”黙示録的”砂嵐 2015.8.3

中東は今、激しい熱気に覆われている。エルサレムでは午後3時の時点で40度。夜になってもまったく涼しくならない。こんなことは今までなかったことである。ティベリアでは46度、ヨルダン渓谷では49度を記録している。

隣国ヨルダンでは、強烈な砂嵐が発生し、アンマンの空港に着陸できない戦闘機が、ベン・グリオン空港に緊急着陸。政治的にイスラエルにも着陸できないアラブ諸国の飛行機は、アカバ(エイラットのヨルダン側)まで飛んで着陸した。

この砂嵐について、Yネットはアポカリプス(黙示録的)とも書いている。そういえば、エルサレムでも今日は午後から空がどんよりした灰色だった。これは砂嵐の影響か、山火事の影響か。。。?

www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4686726,00.html

いずれにしても扇風機を一時たりとも消せないほど暑い。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、イスラエル政府公認ガイド、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイドとして活動しています。イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*