イスラエルのチーフ・ラビが汚職で退任へ 2013.6.27

イスラエルのユダヤ教正統派のチーフラビ・ヨナ・メッツェンガー氏が、収賄などの罪で逮捕され、先週から自宅軟禁となっている。

メッツェンガー氏自身は無罪を主張しているものの、こうした疑いがあるままでチーフラビの仕事は勤まらないとして、休職願いを提出。リブニ法務大臣は、これを受理する運びとなった。

イスラエルにはアシュケナジー(ヨーロッパ系)のチーフラビと、スファラディ(東方系)のチーフラビとチーフラビが2人いるが、今回汚職で摘発されたラビ・メッツェンガーはアシュケナジー。

政治家だけでなく、昔でいえば大祭司にあたるチーフラビまで汚職とはと、イスラエル市民はうんざりしている

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*