アメリカの特殊部隊がヨルダンに待機 2012.10.12

シリアの内戦で最も懸念されるのが、シリアが保有している生物化学兵器である。これらがシリア国内で使用されたり、ヒズボラやアルカイダなど国際テロ組織の手に渡ることは絶対に防がなければならない。

アメリカは、シリア内にある化学兵器を監視すると同時に、万が一の場合に備えて150人の特殊部隊をヨルダンに待機させていることを明らかにした。ヨルダン軍とも協力しているという。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

    コメントを残す

    *