アメリカとタリバンの対話暗礁 2013.6.21

カタールのドーハに事務所を開設したタリバンは、自ら「イスラム首長国連邦アフガニスタン」と名乗った旗を揚げている。これは本国アフガニスタンに対抗した政治組織の設立を意味しているようなもの。

そのタリバンとドーハで対談しようとしているアメリカは、アフガニスタンにしてみれば裏切り者である。

アフガニスタンのカルザイ大統領は、「ドーハでの対談に代表団は送らない。今後アメリカとの交渉もボイコットする」と反発している。20日に予定されていたアメリカとタリバンの直接会談は先延ばしとなったもよう。

石堂ゆみ

石堂ゆみ

ジャーナリスト、日本人初のヤド・ヴァシェム公式日本語ガイド、イスラエル政府公認ガイドとして活動しています。 イスラエルと関わって30年。イスラエルのニュースを追いかけて18年。学校・企業・教会などで講演して15年になります。

コメントを残す

*