米イラン対立激化:イスラエルも要警戒 2019.5.16

写真出展:ABC
イランの核兵器開発疑惑は2002年にまでさかのぼる。当時、イランが、通常利用には不要な20%の高濃度のウランの濃縮を行っていることが内部告発で明らかとなり、核兵器を作ろうとしているのではないかという疑惑が持ち上がった。

以来、イランと国際社会とが交渉を行い、2015年、オバマ元大統領ひきいる6超大国(アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、中国、ロシア)とイランが、核合意に至ったのであった。これをJCPOA(包括的共同行動計画)という。

この合意により、イランが、ウランの濃縮を一時保留にすることで、世界は、その時点でイランに課されていた経済制裁を解除することになった。

しかし、この合意では、イランは、高濃度のウランを国外に出すことにはなったものの、完全な核放棄を要求していないため、合意期間が終了すると同時に、イランが、合法的に自由に核開発を再開することが可能になるという落とし穴があった。

さらに合意とともに経済制裁を解除したことで、大量の現金がイランに流れ込み、イランは弾道ミサイルなど通常兵器の開発、実験を繰り返すようになった。また、イランが支援しているとみられる、シリアやその他の地域のテロ組織(ヒズボラやイスラム聖戦など)の活動も活発になってきた。

このため、トランプ大統領は、2018年5月、アメリカはJOPOAから離脱し、イランへの経済制裁を再開すると発表した。

アメリカは、制裁再開でイランに圧力をかけ、あらたな合意内容に変更することを求めている。トランプ大統領は、これまでの流れから、イランが方針を変えるとすれば、アメではなくムチ、実質的な圧力しかないと考えている。これはイスラエルが訴えてきたことでもあった。

アメリカは徐々に経済制裁を強化してきたが、1年後の今年5月2日、ついに原油というイラン最大の収入源の完全禁輸を開始した。

イランの原油に頼っていた日本など5カ国も、すでにイラン以外の国から原油を調達したり、ドル建て以外での購入などの道を確立していたようで、この日以降も、今の所、国際社会に大きなパニックはない。

またこれに先立ち、イランの正規軍である革命軍をテロ組織と指定した。これによってもイランへの収入が阻止される結果になった。イランはいよいよ行き詰まり状態にあるとみられる。

これまでのところ、イランは、アメリカが離脱後、JOPOA参加国であるヨーロッパ諸国に、イランが合意から離脱て合意が崩壊しないことを望むなら、合意内容をイランに好意的にするよう要求。同時に、中国、インドとの新たな原油販売で、埋め合わせをして、アメリカ抜きでも生き残れる道を確立しようとしてきた。

しかし、60日たっても欧州は、イランの思うようには動かなかった。また、やはり超大国アメリカ抜きでは、どうにも埋め合わせができないことが明らかとなってきた。イランは今、アメリカと交渉し、アメリカが納得するような核合意に至るしか道はないというところに立たされている。

https://jp.reuters.com/article/iran-deal-idJPKCN1SG0K2

しかし、イランがそう簡単にアメリカに降参するはずがない。イランは、アメリカには屈服しないとする態度を変えていない。

<どうする!?イラン:アメリカと武力衝突の可能性は?>
アモス・ヤディン氏(INSS)
行き場がなくなったイランが、アメリカとの交渉に進まなかった場合、今後とると考えられる道は3つあるとINSSのアモス・やディン氏は分析する。その3つとは以下の通り。

https://www.inss.org.il/publication/rising-crisis-united-states-iran/?utm_source=activetrail&utm_medium=email&utm_campaign=INSS%20Insight%20No.%201166

1)JCPOA核合意から離脱する

イランがアメリカに続いてJCPOAから離脱することで、この条約が崩壊し、世界は核戦争を止められないという道をたどる。

イランは、15日、正式に、合意の履行の一部を停止するとして、ウランの濃縮再開と、イラン西部アラクの重水炉の開発を再開すると発表した。

https://jp.reuters.com/article/usa-iran-nuclear-idJPKCN1SL0N4

2)軍事行動に出る

アメリカを屈服させるため、イランが、シリアやイラクにいるアメリカ兵らを攻撃する可能性がたかまっている。トランプ大統領は、15日、イラクにいる兵士以外のアメリカ人に、安全のため、国外へ退去するよう指示を出した。

またイランは、宿敵サウジアラビアやイスラエルを攻撃するとの警告も行っている。実際、12日、UAE(アラブ首長国連邦)沖で、サウジアラビアなどのタンカー4隻が攻撃を受け、船に損害を受けた。イランの可能性が示唆されたが、イランはこれを否定した。

15日には、サウジアラビアのパイプラインが、ドローンによって攻撃された。イラン配下でイエメンで内戦を率いているフーシ派が、これを行ったことを発表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000099-mai-int

アメリカは現在、イランの攻撃を阻止するため、ペルシャ湾に空母と爆撃機などを配置し、イランがいかなる軍事行動を起こせば、厳しい報復をすると釘をさすとの強力なメッセージを発している。

さらに、イランの出方によっては、12万人のアメリカ軍部隊を中東に派遣するとも匂わせている。

しかし、アメリカはあくまでも話し合いを求めるとの路線を強調し、INSSのアモス・ヤディン氏によると、トランプ大統領は、イラン首脳に対し、スイス経由で直接アメリカに電話できるラインを提供しているという。

アメリカとイランは、両国とも、軍事衝突は望んでいないとみられている。しかし、お互いの首脳が発する言葉は、非常に強気で、ちょっとしたきっかけて戦争に発展してしまう可能性は十分あるという。

3)世界の石油輸出入を妨害する

サウジアラビアなどから原油を購入するためには、ペルシャ湾からホスムズ海峡を通過してアラビア湾に出なければならない。この狭いホルムズ海峡をイランが閉鎖することはたやすい。

ホルムズ海峡を閉鎖されたら、サウジアラビアからの原油を積んだタンカーが、ペルシャ湾から出られなくなり、世界はまたたくまに原油不足に陥る。そうなれば、戦争になる可能性は一気に高まる。

イランはすでに、ホルムズ海峡を閉鎖する可能性にも言及している。

https://www.inss.org.il/publication/rising-crisis-united-states-iran/?utm_source=activetrail&utm_medium=email&utm_campaign=INSS%20Insight%20No.%201166

<ロシア:アメリカのイラン制裁を非難>

アメリカとイランの関係悪化がエスカレートする中、ポンペイオ米国務長官が、ロシアのソチを訪問。ラブロフ外相と会談した。

ロシアとアメリカは、大統領選挙にロシアが介入した疑惑をめぐって関係がぎくしゃくしたままである。加えて、ロシアはアメリカがイランに最大限の圧力を加えることは、イランを追い詰めるだけだとして、まっこうから反対している。

今回のポンペイオ国務長官のロシア訪問では、イラン問題の他、ベネズエラの問題、シリア内戦後、ウクライナ問題と、2016年のアメリカ大統領選に関与したかどうかなども話し合われたもようだが、意見の違いを確認したという事が結果であったようである。

トランプ大統領は、来月、日本で開催されるG20で、プーチン大統領との直接会談に期待していると語っている。

https://www.timesofisrael.com/kremlin-slams-us-maximum-pressure-campaign-on-iran-as-pompeo-arrives-in-russia/

アメリカは今ロシアに限らず、中国とも貿易関税問題で、激しく対立しており、来月のG20で中国の首脳とも会うことになる。トランプ大統領は、ビジネス上がりなので、直接会って、互いに最善を探し出せると思っている。

確かに、トランプ大統領の言っていることには、一理も二里もあるのだが、これまでの国際社会の流れを変えることになるので、どうしても反対を受けてしまう。外交の世界では、正しいからといって、それが通る世界ではないのだろう。厳しい世界である。

<イスラエルへの影響と対策>

アモス・ヤディン氏は、イランとアメリカが軍事衝突になった場合、湾岸地域だけでは収まらず、イスラエルにまで影響が及ぶことはさけられないとし、政府は、直近、中期的視点、長期的視点での対策をとらなければならないと警告する。

今現在するべきこととしては、諜報活動につとめ、イラン、またはその配下にいるヒズボラやイスラム聖戦の軍事攻撃をできるだけ未然に防ぐことが必要がある。

これまで、イスラエルは、シリア国内にその存在を確立しようとするイラン軍を先制攻撃して妨害する作戦を続けているが、これをさらにパワーアップする。イランのあらゆる動きを抑止するということである。

中期的視点では、万が一、アメリカとイランが交渉を再開した場合、イスラエルとしては、合意が期限切れを迎えた時点で、イランが核開発を再開できないような合意になっているよう、アメリカとよく協議しておく必要を指摘する。

また、核兵器プログラム、イランの弾道ミサイルの他、中東を支配しようとするイランの動きを抑止する。こうした動きは湾岸諸国の支持も得られるだろうとヤディン氏は述べている。

長期的視点でのポイントは、イランの核兵器開発である。イランがNPT(核拡散防止条約)から離脱する可能性や、これをアメリカが効果的に対応できない場合に備えるということである。

言い換えれば、イスラエルは単独で、イランの核兵器開発を阻止する(事前に破壊する)軍事力を、構築しておくということである。実際、イスラエルは、ガビ・エイセンコット参謀総長の時代から、10年計画で、イランの核兵器を阻止する作戦に備え始めているという。

https://www.inss.org.il/publication/rising-crisis-united-states-iran/?utm_source=activetrail&utm_medium=email&utm_campaign=INSS%20Insight%20No.%201166

<石のひとりごと>


アメリカとイランが衝突すれば、ロシアが関わってくるだろう。そうなると、ロシア、イラン、トルコ、北アフリカのシーア派諸国などが、結束して中東のアメリカ、イスラエルに攻め込んでくる可能性が、ますます見え隠れしてくる。

ここに、サウジアラビアなどの湾岸諸国、イスラエルと和平条約を締結しているエジプトとヨルダンが、このイスラエル攻撃に入らない可能性を考えると、将来勃発すると聖書が予言するゴグ・マゴグの戦いの構図に近づいていると考えざるをえない。(聖書:エゼキエル書38-39)

日本では、聖書に親しむクリスチャンは、たったの105万人(0.83%)らしいが、聖書は単なる宗教書ではない。ぜひ多くの人にも読んでいただきたいと思う。