過越2018:ガザ国境デモでパレスチナ人15人死亡 2018.3.31

写真出展:CBN
イスラエルでは、30日日没から4月6日まで、過越の例祭に入った。聖書に記されている通り、初日と最終日は、聖なる日とされ、安息日扱いになる。今年も休日返上で、多数の治安部隊が治安を守っている。

西岸地区、ガザ地区では、30日日没から7日日没まで、一部の農業従事者をのぞいて、パレスチナ人のイスラエルへの入場は不可となる。またYネットによると、過越の先立ち、イスラエル国内に違法滞在していたパレスチナ人468人を逮捕した。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5204864,00.html

こうした中、イスラエルで過越の第1日目、セデルが祝われる金曜になり、予告されていた通り、ガザ国境で、パレスチナ人とイスラエル軍との大規模な衝突が発生。夜までにパレスチナ人15人が死亡(パレスチナ側情報)。衝突はその後もまだ続いている。

<ガザで大規模デモ:イスラエル軍と衝突でパレスチナ人15人死亡>

ガザ国境 2018.3.30
ハマスは、3月28日(金)から5月15日のイスラエル独立記念日(西暦による)まで、イスラエルとの国境で、「偉大な帰還へのマーチ」と称する大規模な市民デモを計画し、広くガザ市民に参加を呼びかけていた。

ハマスは、イスラエル領は、あくまでもパレスチナ人のものだと主張しており、そこへ”帰還する”ことを決して諦めないと主張している。

ハマスのハニエ指導者によると、このデモの目標は、”パレスチナ全体(イスラエル領)への帰還”であり、今回はその始まりであると人々を先導している。ハマスは、トランプ大統領が、エルサレムをイスラエルの首都としたことにも激しく反発している。

ガザとイスラエル国境付近では、これまでからもデモで行われてきたが、大きな衝突にまでは発展しなかった。しかし、先週から、ガザからパレスチナ人の侵入が相次いぎはじめ(以下の詳細)、金曜、”土地の日”には、ガザ市民が群衆となってイスラエル領内へ入り込んでくる可能性も懸念された。

このため、イスラエル軍は木曜、武力衝突は望まないとしながらも、国境付近に100人以上の射撃手を配備し、必要時は実弾も使用すると警告。リーバーマン防衛相は、ハマスの呼びかけに応じて国境に来る者は、永遠にイスラエルへの入国を許可しないと釘もさし、後には、侵入しようとするものには、「命に危険が及ぶ」とも警告した。

ところが、金曜になると、これらの警告を無視した数千人のパレスチナ人たちが、イスラエルとの国境数100メートルの地点に集結。タイヤを燃やしたり、イスラエル軍に投石したりした。

これに対しイスラエル軍は、直ちに国境を封鎖。主に扇動者を標的に銃撃し、暴徒には催涙弾や、ゴム弾なども使って対処した。イスラエル軍が、無人のドローンで上空から暴徒の頭上に催涙弾を使っているという報告もある。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5211564,00.html

パレスチナ側情報によると、この衝突により、金曜午後10時の時点で、パレスチナ人15人が死亡。少なくとも2476人が負傷している。衝突はまだ続いており、死者はまだ増えつつある。

犠牲者のうち1人は、国境での衝突ではなく、朝8人に農作業していたとみられる人が、イスラエル軍の戦車砲で死亡したとのこと。

イスラエル軍スポークスマンによると、死亡したパレスチナ人は、1人を除いて皆、フェンスを越え、イスラエル側へ侵入を試みたもの達だという。混乱の中で、7歳の女の子がイスラエル側へ越境しようとしたが、イスラエル軍が保護し、両親に返したという一件も伝えられている。

Yネットによると、ハマスは、より多くの人々がデモに参加できるよう、国境までの送迎を手配するなどして、10万人の参加を予測していたが、実際にデモに参加したのは2万から2万5000人(メディアによっては3万人)とみられる。

参加者の中には、幼い子供達を伴う家族づれもいる。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5210347,00.html

http://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/LIVE-COVERAGE-Multiple-dead-and-hundreds-hurt-as-Palestinians-clash-with-IDF-on-Gaza-Border-547534

<過越に先立つ1週間:ガザからの侵入続発・軍事演習も>

ガザのハマス軍事演習 写真出展:Times of Israel
過越に先立つ1週間の間、ガザ地区からは、パレスチナ人がイスラエル領内へ侵入する事件が4件も発生した。

25日(土)、ガザから4人のパレスチナ人が、イスラエルへ侵入し、建設中の防護壁工事現場の設備に放火しようとして逮捕。

27日(火)、ガザ地区から武装したパレスチナ人3人が、イスラエル領内南部20キロのゼエリムイスラエル軍基地周辺で逮捕された。3人は、手榴弾とナイフを持っていた。これについては、3人が侵入してから逮捕されるまで数時間かかったことが問題だとして、調査がすすめられている。

28日(水)、武器を持たないパレスチナ人1人が侵入した直後に逮捕。29日(木)、パレスチナ人2人が、ナイフとワイヤー切りを持って侵入し、逮捕された。

ハマスは、25,26日と、ガザ国境で、3万人の戦闘員が、ロケット弾やミサイルも登場するようなスケールの大きな軍事訓練を行った。

https://www.timesofisrael.com/hamass-defensive-drill-seen-as-a-warning-to-israel-abbas-and-trump/

急に南部情勢が悪化していることについては、今月、パレスチナ自治政府のハムダラ首相がガザで暗殺未遂になったことで、関係が悪化しており、だれが、パレスチナ人のボスかを証明する必要があったとの見方がある。

一方、ハマスがイランの指示でこうした動きに出ている可能性もある。イランは、先月、イスラエルにドローンを送り込み、イスラエルがシリア領内のイラン関連基地を複数空爆した。ロシアの介入で、大きな戦争には発展しなかったが、イスラエルとイランの対立は、徐々に深まりつつある。

<西岸地区でも衝突:パレスチナ人60人負傷>


金曜「土地の日」には、ガザだけでなく、西岸地区でも、ガザのソリダリティだとして各地で暴動が発生。イスラエル軍と衝突した。これにより、ナブルス近郊で27人が負傷。全体では60人が負傷している。

https://www.timesofisrael.com/over-60-palestinians-injured-in-scattered-protests-across-west-bank/

<イスラエル国内の様子:神殿の丘南側で過越の儀式>

神殿の丘南側 写真出展:Ynet
ガザで深刻な事態になっているが、国内では、例年のように、安息日の静けさの中、家族、親族、友人たちが集まって過越のセデル(出エジプトのストーリーからなる式次第と食事)を行っている。

これに先立ち、26日(月)、神殿の丘すぐ南下、アルアクサモスクのすぐ下で、規定通りの白い祭司服に身を包んだコーヘン一族たちが、越の子羊を生贄いする儀式を行った。

これは、宗教シオニストたちによる毎年恒例の行事で、これまでは、エルサレム郊外、昨年は旧市街のユダヤ地区、今年は神殿南側と、徐々に神殿に近づいている。今年の参加者は、第3神殿推進派のユダ・グリック議員など数百人。

この儀式がこれほど神殿の丘近くで行われたのは、今年が初めてで、これを許可したイスラエル政府に対し、ヨルダンが、挑発的だと抗議の声をあげている。

http://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Jordanian-Minister-slams-Israel-for-allowing-Jewish-ritual-near-Al-Aqsa-547415

https://www.timesofisrael.com/palestinians-to-protest-friday-after-jews-sacrifice-lambs-near-temple-mount/

<クリスチャンは復活祭>


クリスチャンは、25日、パームサンデーで、オリーブ山からエルサレム旧市街に向かって、今年も世界中からカトリックとプロテスタントの群衆が、やしの葉を手に、賛美しながらマーチを実施した。今週日曜はイースターである。

https://i24news.tv/en/tv/replay/news/x6gufih

東方教会(オーソドックス)クリスチャンのイースターウィークは1週間遅れで、パームサンデーが4月1日、復活祭が、4月6日。聖墳墓教会では、1000年以上続けられてきた聖火の儀式が行われる。

<過越を前に:”シオンの自由”コイン発見>
今回みつかったコイン
過越は、ヘブル人(イスラエル)の出エジプトを記念する祭だが、その直前、タイムリーにも、”シオンの自由”と彫り込んだ約2000年前のコイン多数が、神殿の丘南側オフィルエリアでみつかった。発掘はヘブライ大学のエイラット・マザール博士のチーム。

このコインは第一次ユダヤ戦争で、ユダヤ人がエルサレムに立てこもって戦ったが、最終的にローマ帝国に包囲されて滅ぼされ、神殿も破壊されたころ(69-70AD)のもの。

コインは銅製で、仮庵の祭にちなんだ4種の植物や、神殿祭司が使用した杯が彫り込まれている。

また興味ふかいことに、この時代前半には、「シオンの自由のために」と彫り込まれていたのに比べ、全滅寸前の今回発見されたコインには、「シオンのあがないのために」と彫り込まれている。

「自由」「あがない」といったことばは、まさに過越にふさわしいとマザール博士。博士によると。こられのコインが見つかった洞穴は、第二神殿時代から手付かずであったため、タイムカプセルのようだと語る。

https://www.timesofisrael.com/rare-trove-of-bronze-jewish-revolt-coins-unearthed-near-temple-mount/

この周辺では、預言者イザヤ本人のブラエ(印鑑のようなもの)もマザール博士のチームによって発見されている。

このブラエは、8世紀、第一神殿時代からのもので、「イシャヤフ(イザヤ)」という名前とともに、預言者を意味するナビと思われる文字が刻まれていた。

しかし、左上に欠けがあり、預言者を表すヘブライ御の最後の一文字が欠落しており、可能性はあるものの、はっきり預言者イザヤとは断定はできないという。

なお、この同じ場所では、ヒゼキヤ王のブラエも見つかっている。

https://www.timesofisrael.com/in-find-of-biblical-proportions-proof-of-prophet-isaiah-believed-unearthed/

逆ギレアッバス議長:テロリスト給与正式続行へ 2018.3.30

写真出展:Times of Israel
23日、アメリカの議会では、検討されていたテイラー法案が通過した。

これは、2016年、イスラエルへ旅行中に、テルアビブでパレスチナ人テロリストに殺害されたアメリカ軍人テイラー・フォースさん(当時29)を覚え、パレスチナ自治政府が、テロリストやその家族への高額な報酬支給をやめない限り、アメリカからのパレスチナ支援を差し止めるとう法案である。

これを受けてアッバス議長は、表沙汰にはしていなかったこれまでテロリストへの報酬支給を、正式に行うと発表した。反発、または逆ギレと言ってもよいだろう。

パレスチナ・メディア・ウオッチによると、2018年度に自治政府がイスラエルの刑務所にいるパレスチナ人らに支払った報酬は、総額5億5000万シェケル(約170億円)。テロ行為で、死亡したパレスチナ人らへは、6億8700万シェケル(約210億円)

パレスチナ自治政府の年間予算が、155億シェケルで、そのうちの12億シェケル(約7%)がテロリストへの給与である。

アッバス議長が、アメリカに対して逆ギレできるということは、アメリカ以外にもパレスチナ自治政府を支援する国々がいるということなのであろうか。イランとか。。

<ハマスへガザ返還を要求:アッバス議長>


22日、ガザ地区へ入ろうとしたパレスチナ自治政府のハムダラ首相が、暗殺未遂にあったことはお伝えした通り。

以後、ハマスとパレスチナ自治政府の関係は非常に悪化している。アッバス議長は、ハマスに、「ガザを乗っ取った。すぐに返還せよ」と訴えている。アッバス議長はまた、ハマスが合意事項を履行していないとも訴えている。

・・が、この直後にガザでは上記記事のような混乱に陥ったわけである。アッバス議長は、ガザで多数のパレスチナ人が死亡したことを受けて、「国家的追悼」を宣言した。

https://www.timesofisrael.com/abbas-warns-hamas-hand-over-gaza-back-to-the-palestinian-authority/

イランへの警告?シリア原子炉破壊(2007)はイスラエル 2018.3.30

破壊された原子炉 写真出展:Al Jazeera
20日、イスラエルは、2007年にシリアの原子炉が空爆で破壊されたことについて、イスラエルの攻撃によるものであったことを認め、攻撃映像を含む詳細を公表するに至った。

それによると、イスラエルの諜報機関は、2005年から、シリアが、北朝鮮の技術支援で、プルトニウム濃縮の原子炉を建設しているとの入手。

2年かけて確定したが、アメリカ(当時ブッシュ大統領)が攻撃を拒否したため、2007年11月5-6日の深夜、イスラエルの戦闘機8機が、シリア領内に入り、この施設を破壊した。

その後シリアが内戦に入ったことを思えば、もしこの時、この攻撃が実施されていなかったら、シリア内戦の混乱の中で、ISが、原子炉を持つようになっていた可能性も否定できない。いわば、中東、世界の運命を変えたとも言える。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5182507,00.html


イスラエルは、1981年にも、イラクの原子炉を電撃的に攻撃破壊し、その後起こりうる危機を阻止している。

<なぜ今?公表の意義>


今回の情報については、実際にはすでに海外メディアが報じていた内容で、それをイスラエルが確認し、認めただけということである。

なぜ、このタイミングで、空爆を認めると公表したかだが、イランへのメッセージであると考えられている。アメリカが、5月の期限を前に、イランの核合意からの離脱を検討していること、また、アメリカが、核実験を繰りかえす北朝鮮との対話を検討している中で、核問題の深刻性をアピールしたともみられる。
続きを読む

ボルトン新大統領補佐官:トランプ大統領の暗黙のメッセージ?2018.3.30

ボルトン新大統領補佐官
イスラエルとイランとの溝が深まり、ガザなどイスラエル周辺でイランの影がちらついている。その中で、トランプ大統領が、5月、イランとの核合意から離脱するかどうかが、これからのイランの動きを大きく左右する。

イランは、もしアメリカが核合意から離脱すれば、イランも合意から離脱して、ただちに核開発を再開するといっている。メデイアによっては、もしかしたら、イランがアメリカより先に合意から離脱するのではとまでいうものもある。(違うとは思うが。。)

これと並行して、トランプ大統領と北朝鮮との対話の話も5月末までとなっている。この問題には今中国、続いてロシアが大きく関わり始めており、目が離せない状況である。

注目のこの2国、イラン(シリア)と北朝鮮は、核開発において協力活動にあると言われている。トランプ大統領が、5月、この2国とどう向き合うのかは、イスラエルにとっても重大事項である。

<強硬派ボルトン大統領補佐官:暗黙の警告?>


このように非常に危機的な状況にある中、トランプ大統領が、ホワイトハウスの非常に重要なポストの人事を何度も交代させている。

トランプ大統領は、3月22日、強硬タカ派と目されるジョン・ボルトン元国連米大使を、マクマスター氏に代わって、大統領治安補佐官に任命した。ボルトン氏は、2015年のイランとの核合意には最初から反対していた人物。

イスラエル支持派で、パレスチナ国家設立を含む2国家解決に反対する考えである。アメリカ大使館のエルサレムへの移動にも賛成の立場。しかし、福音派ではなく、ルーテル派クリスチャン。
マイク・ポンペオ新国務長官
これに先立ち、3月13日、マイク・ポンペオ氏が、レックス・ティラーソン氏に代わってアメリカの国務長官に任命された。

ポンペオ氏は、元CIA長官。軍人として、またビジネスのキャリアも持つ。イランとの核合意には反対しているということだが、Yネットは、その影響力には疑問視する記事があげている。

この2人の指名、特にボルトン氏の指名で、中東での戦争への可能性が高まったとみるメディアもあり、イランと北朝鮮への警告になっている可能性もある。

https://www.independent.co.uk/voices/john-bolton-donald-trump-mike-pompeo-middle-east-iran-a8281436.html

マイク・ポンペオ氏は、福音派クリスチャンであるという。副大統領と国務長官が福音派クリスチャンというトランプ政権。主がなにを計画されているのか。いずれにしても2人の兄弟のために祈られたし。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5166445,00.html

<ロシア神経ガス問題その後>


イギリスで、元ロシアスパイが、神経ガスで殺害された事件。イギリスは、ロシア政府が関係しているとして、ロシアに抗議し、ロシアの外交官23人を追放。ロシアも同じ23人のイギリス外交官を追放した。

続きを読む

エルサレム・バルカット市長今期で退任・国政へ進出か 2018.3.30

ニール・バルカット・エルサレム市長 写真出展:Times of Israel
エルサレムのニール・バルカット市長(58)が、26日、時期市長選挙には出馬しないと正式発表した。近く、リクード(ネタニヤフ首相政党)から国会議員、政府高官をめざすと発表するとみられている。

バルカット市長は、元スタートアップのビジネスマンだが、2003年にエルサレム市長に当選。以後5年おきに3回当選を果たし、15年間、市長として勤め上げた。

バルカット市長は、宗教家だけでなく世俗派にもフレンドリーで、多様な国際都市エルサレムというイメージを作り上げた。

国際マラソンをスタートさせるなど、町は、以前より洗練され、スタートアップ企業も増えた。東エルサレム住民の生活改善にも努力し、バルカット市長を支持するアラブ人も少なくない。

また国との交渉をすすめ、来年度の国からのエルサレム予算はこれまでで最高額になったと伝えられている。

無論、多くの批判はあるが、エルサレム在住者としては、あきらかに、エルサレムがきれいに、洗練されたことは確かだと思う。個人的には、バルカット市長がエルサレム市長でなくなることは非常に残念であるが、国政でどう働くか、楽しみでもある。

https://www.timesofisrael.com/jerusalem-mayor-nir-barkat-announces-knesset-bid/

テロの波再来か:エルサレム旧市街テロ:1人死亡2018.3.19

エルサレム旧市街ハガイ通りの現場 写真出展:Ynet Ohad Zwigenberg
18日午後、エルサレム旧市街内、イスラム地区、ハガイ通りで、ユダヤ人警備員男性(30)が背後からナイフで上半身を複数回さされるというテロが発生した。被害者はただちに病院に搬送されたが、重重症で、のちに死亡した。

テロリストは、近くにいた警察官に、その場で撃たれて死亡した。後にナブルス近郊に住むパレスチナ人アベッド・アル・ラフマン・バニ・ファアダル(26)と判明している。

犯行に使われたナイフ 写真:イスラエル警察西岸地区ではここしばらく、イスラエル軍との衝突が多発している。警察によると、まだテロが続く可能性があるという。チャンネル2は、テロの波再来かとのタイトルでニュースを流していた。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5177588,00.html

*パレスチナ・メディアによると、イスラエル軍は、17-18日、東エルサレムと西岸地区各地で、パレスチナ人少なくとも19人を逮捕したとのこと。ただし、この情報はイスラエルのメディアでは確認できない。

http://www.maannews.com/Content.aspx?id=779949

西岸地区で死亡の兵士2人悲しみの埋葬 2018.3.19


16日の西岸地区でのテロで死亡したイスラエル軍兵士2人が、それぞれ家族と多くの人々に見守られて埋葬された。

<ジブ・デウス中尉(21)>

ジブ・デウス中尉(21) 写真出展:Ynet
ジブ・デウス中尉(21)は、捜索救助部隊の司令官。ちょうど3年前のこの日に従軍し、以来、戦闘部隊の中の衛生兵司令官になるための訓練を受けてきた。国を守る強い意志があったという。

遺族は、両親と妹2人。デウス中尉の叔父は、1973年のヨム・キプール戦争で戦死している。ジブさんの父ロネンさんは、葬儀で「なぜこんなことが私たちに起こるのか」と泣きくずれていた。ロネンさんは、人々が彼のことを過去形で語ることに抵抗していたという。

葬儀で、祈りを捧げるあたっては、「私が彼のキドシュをしなければならないのか。彼が私のためにするべきなのに。自然に逆らっている。神は天使を私から取って行った。神は、良いものは取っていく。」と述べた。

<ナタナエル・カハラニ軍曹(20)>

ナタナエル・カハラニ軍曹(21)写真出展:Ynet
カハラニ軍曹(20)の父、ダニーさんは、「まだ実感がない。お前を愛していたのに、突然、失ってしまった」としめくくった。

母のナオミさんは、「いつかは別れる日が来るとは知っていたけど、こんなに早くその日が来るとは思いもしなかった。20年間ありがとう。いつか永遠の中で会いたい。」と言った。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5176884,00.html

テロリストはまず、2人をはねて殺害してから、次の2人に向かってスピートをあげて突っ込んでいた。その間、兵士たちが対処できる時間はなかったとみられている。

重症の2人の兵士については、その後ニュースはないことから、なんとか持ちこたえているものと思われる。

<2人を助けようとしたパレスチナ人>


2人が犠牲となった現場では、目撃者が現場の撮影をしていた。それによると、付近にいたパレスチナ人がヘブル語で兵士に向かって、「助けは呼んだのか!何かできるか!」と叫び、後には、近づこうとする目撃者を「下がれ、下がれ」と救援を邪魔しないようにする様子も映されていた。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5177326,00.html

新戦略!?:ハマスの地下トンネルを破壊 2018.3.19

破壊されたトンネル  写真出展:Times of Israel
ガザ地区とイスラエルの国境でも衝突が多発しているが、イスラエル軍はその度にハマス拠点などガザ地区へ空爆を行っている。そのような中、イスラエル軍は、土曜夜と日曜に、新たなテロ用地下トンネル2本を破壊した。

一本は爆破だが、もう一本はラファからイスラエル領内のエシュコル地方に向かっていたトンネルで、なんらかの物質を流し込んでの破壊であった。(ハイテクによる破壊で詳細は明らかにされていない。)トンネル破壊による人的被害は報告されていない。

後者のトンネルは、2014年のガザとの戦争の時に部分的に破壊されたもので、ハマスはそれを再利用しようとしていたとみられる。
ハマスの地下トンネル 写真出展:
ハマスは、破壊されたトンネルについて、「もう使用していないもので、イスラエルが破壊を、勝利的に宣伝するのは、イスラエル市民への誇張だ。」と述べた。

一方、イスラエル軍からは、「ハマスは、大量のセメントや鉄、電力など、膨大な投資をしてトンネルをつくる。しかし、いくらつくってもイスラエル軍が破壊する。これまでにピラミッドを作れたのではないか。世界的な愚の骨頂だ。」と言い返した。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5177084,00.html

<イスラエル軍の新戦略?>


軍事評論家ロン・ベン・イシャイ氏によると、ガザにハマスとの戦争がますます懸念される今、南部のイスラエル軍が、新しい戦略を始めているとのこと。

それは、ガザ地区からの攻撃を受けて、報復の空爆を行う際、ハマスやイスラム聖戦の軍事施設だけを破壊し、人間は殺さないという戦略である。そういえば、最近、イスラエルが空爆しても、ガザ地区からの被害はほとんどあがってきていない。

もし、報復空爆の際に、ハマスやイスラム聖戦の戦闘員や司令官を殺してしまった場合、相手にイスラエル攻撃への大義を与えることになる。しかし、軍事施設だけを破壊した場合、大義にはなりえない。それらはもともと公にできないものだからである。

続きを読む

CGN TV

2018/3/20に公開
エルサレムの春・エルサレムの平和

関連リンクLinkIcon

CBN

2017.10.03に公開

クリスチャン・メディア・サミット  CBN 2017 10/31

関連リンクLinkIcon

IDF

2017/10/01 に公開

メキシコでのイスラエル軍救援隊


関連リンクLinkIcon

GPO

北米からの移住 2017.7.4

関連リンクLinkIcon

考古学関連

2017/10/01 に公開

第二神殿時代・神殿への大通り イスラエル考古学局

関連リンクLinkIcon

MOL

2016/01/27 に公開

若者のテロ自殺

関連リンクLinkIcon

イスラエル政府公認ガイド

イスラエル政府公認ガイド 登録番号12778







イスラエル国内旅行:
個人、グループのガイド
観光だけでなく、イスラエル国内で
とりなしたい
イスラエル人、パレスチナ人に
会ってみたい など
ご要望に応じて、計画から
お手伝いいたします。

お問い合わせ
y.ishido.olive@gmail.com

講演・講義

講演・講義

エルサレムにおける取材活動などを通じてのイスラエル、世界情勢に関する講演や講義を行います。

1)教会、チャーチスクールでの聖書的視点によるセミナー、礼拝メッセージ
2)一般の学校などでは、世界情勢、国際感覚育成に関するセミナーなど

お問い合わせ
y.ishido.olive@gmail.com